ダイニングを貫く化粧柱
アクセントタイルの彩りで明るくスタイリッシュにー

0021
施工地域 富山市 お施主様 H様
工期 30日間 費用 540万円
施工内容 リビング、ダイニング、キッチン、オール電化、部分外壁工事 etc
築年数 35年

Before

お困りごと・お悩み

・部屋全体を見渡せる対面キッチンにしたい
・今までの雰囲気を変えて一新したい
・物で溢れている和室をすっきりさせたい
・廊下のデットスペースをなくしたい

間取り図

※画像をクリックすると拡大表示できます

リフォームポイント

「部屋全体を見渡せる対面キッチンにしたい」とご要望頂きました。
対面キッチンにした分、収納が少なくなったのでデットスペースとなっていた勝手口部分を食品庫として活用できるようにしました。
キッチンからの動線もスムーズで家事効率も上がったそうです♪
天井、壁はホワイトベースの内装にすることで、アクセントのタイルを引き立たせることに成功!
機能性、デザイン性溢れる快適空間を実現しました。

After


  • 【仕様】キッチン…ハウステック ラヴィー オークナチュラル
    お客様ご希望の対面キッチンに施工しました。
    対面キッチンにした分、収納が少なくなってしまったので、デッドスペースとなっていた勝手口部分を食品庫として活用できるように施工しました。

  • キッチンを広くとるため、廊下と合わせて一部屋になるように施工しました。その際に、構造上抜けない柱の二本をアクセントにして、壁と合わせたタイルを貼りました。ペンダントライトは照明をつけたときにガラスの表情が出るものをご提案させて頂きました。

  • 天井と床の琉球畳を同じ大きさで色分けし、天井は中央だけ色の濃いものを張ることで立体感が出るようになりました。
    収納スペースは三枚引き戸にして、天袋と繋げることで荷物の出し入れもしやすくなっています。

  • ご主人お気に入りのパソコンスペースは、引き出し付きのカウンターに可動式の棚を設けることで、あまり見せたくない書類や本を目隠しすることが可能になりました。
    さらに反対側の壁の中にステンレスシートを貼り入れることで、壁に穴を開けることなく磁石を使ってプリントやメモを貼れるように工夫を施しました。

  • リビングのテレビボードは壁付けの棚を造作し、床から浮かして取り付けることで、少しでも空間が広く見えるようにと工夫が施してあります。

  • リビングに飾り棚を取り付けました。
    リビングは、家族が集まる“くつろぎの場” でありながら、お客様を招き入れる“もてなしの場”でもあります。四季折々の小物やインテリアを飾ってお楽しみ下さいね。





築30年のご自宅は目立つ床のゆがみに、太陽の光が差し込みにくい薄暗いキッチンでした。内装の傷みがでてきていたので、これらを一新するためにリフォームを決意されました。
どんなテイストのものがお好きか、どういう生活スタイルなのかを何度も打ち合わせをし、お客様と一緒に空間作りをしていきました。
お知り合いにもリフォーム業者の方がいらっしゃったようですが、若い私のセンスにかけて、お任せ下さり本当に嬉しかったです。ありがとうございました!!


増改築・デザインリフォーム


一覧をみる

タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.