外壁塗装リフォーム スズカファイン ワイドエポーレSiクール ビーズコートSi

GT-0248

仕様

外壁塗装…スズカファイン ワイドエポーレSiクール 色:CS2313 ビーズコートSi
施工手順:足場設置→高圧バイオ洗浄→外壁補修→窓まわり等養生→付帯塗装→下塗り→中塗り→上塗り→検査・手直し→足場解体

エリア 石川県金沢市
お客様名 A様
工事内容 外壁塗装リフォーム スズカファイン ワイドエポーレSiクール ビーズコートSi
リフォーム期間 15日間
価格 外壁塗装リフォーム スズカファイン ワイドエポーレSiクール ビーズコートSi/施工総額 127万円
築年数 35年

施工前 〜外壁診断〜

水ぶくれのようにところどころ膨らみ、ポコポコしています。せっかくの我が家にこんな膨らみが出てきてしまったら悲しいですよね。
雨樋か何かで隠れていたのでしょうか…塗り残しです。これには驚きました。
全体的に色ムラが見受けられます。

施工中の様子

足場を組み立てていきます。まずは資材を運び、支柱を立てる場所に配置していく。その後、1本13キロもある支柱を何本もまとめて持ち上げ、目安となる場所においていく。この作業は、これから組み立てる足場の組み立ての基準となるため非常に重要です。すべての資材の組み立てが完了したあとは、塗装剤の飛び散りや高所からの資材落下を防ぐ為にメッシュシートを張ります。
庭の立派な樹木を痛めないように細心の注意を払います。
養生をします。主に塗料の飛び散りを防ぐこと。塗料は液体ですから、それを人の手で塗るとなれば、飛散はもちろんのこと、塗らなくてよい部分まで塗ってしまうことも考えられます。よって、外壁塗装をする際には、あらかじめ養生を済ませてから塗装作業に入るのが一般的です。
養生すると窓や玄関ははふさがれてしまいます。塗装中は窓を閉めておくのが原則ですので数日間は開けられないため、夏場は暑苦しさを感じることがあるかもしれませんので事前に打ち合わせします。
イベントにご来場いただき、モルタルの外壁が劣化し小庇上裏ベニヤの剥がれなどが気になるとのご相談でした。
瓦も外壁も赤茶色の個性的なお家ですが、せっかくの色が劣化し剥がれてきてしまっていました。
状態がそれほど悪いわけではなかったので、洗浄をしっかりとし3度塗りをご提案いたしました。
スズカファインのワイドエポーレSiクールはワイドエポーレFは弱溶剤2液形ふっ素樹脂系つやあり塗料です。 塗膜劣化の主要因である太陽の紫外線に対し、抜群の耐久性を持つふっ素樹脂により、優れた耐候性を発揮します。 強溶剤タイプと比較し臭気がマイルドで、既存塗膜のチヂミや溶解が少なく、幅広い旧塗膜に適応します。
イベントやショールームに何度も足をお運びいただき納得いくまで打ち合わせさせていただいたおかげで、大満足の仕上がりになったとお喜びいただきました。
実際にオリバーで工事したお客様の声はこちら

事例を絞り込みたい方はこちらをタップ
タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル
オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.