車庫補修リフォーム

E-0204

仕様

車庫補修リフォーム
施工手順:シャッター、構造木部、コンクリート基礎解体→足場組立→新規コンクリート基礎→養生→モルタル補修→木造構造体新設→シャッター設置→板金張り→塗装仕上→足場解体

エリア 石川県金沢市
お客様名 W様
工事内容 車庫補修リフォーム
リフォーム期間 30日間
価格 車庫補修リフォーム/施工総額 135万円
築年数 25年

施工前 〜現場調査〜

コンクリートの基礎が倒壊し、相当な衝撃が分かります。
車庫の基礎も外壁も凹んでいます。 

施工中の様子

倒壊した基礎を解体・撤去し、新規にコンクリートで基礎を作り直します。
基礎が固まったら型を外し、モルタルの補修を丁寧にしていきます。
正面全体の外壁、内部構造を補修します。
シャッターを取り付け、板金を張ったら、側面の外壁に合わせ塗装します。

中から見た様子

内部構造を補強し、棚を設けました。
ピッタリ元通りに修復できました。
車庫が追突され、シャッターが開かず車庫内の車が出せずにお困りとの緊急のご相談でした。
ご高齢者の方の事故をニュースでは見聞きしておりましたが、間近で実際に現場を見たのは初めてでした。今回はお相手の車の保険にて直す工事でしたが、コンクリート基礎が倒れて土台は割れ、シャッターが変形するほどの衝撃でしたのでご家族の方などに被害が無く良かったです。
ご契約・交渉などはお相手の保険会社の方と連絡を直接とり、その後の状況をW様にお知らせしました。
既存の車庫はまだ新しいキレイな状態でしたので、原状回復することができ一安心ででしたね。

もっと外溝・エクステリア施工事例を見る!施工事例はこちら

実際にオリバーで工事したお客様の声はこちら

具体的に、商品を見てみたい!
オリバーのキャンペーンパックはこちら
外壁塗装キャンペーン
事例を絞り込みたい方はこちらをタップ
タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.