キッチンカウンター造作リフォーム工事


K-0175

【仕様】タイル…LIXIL メタルスタッコ柄 カウンターサイズ W3000 D250 + W1150 D350 H1000
エリア 射水市
お客様名 F様
工事内容 キッチンカウンター造作リフォーム工事
リフォーム期間 1日間
価格 キッチンカウンター造作リフォーム 67万円
築年数 14年

パンや焼き菓子をよく手作りされる奥様でしたので、熱いものをオーブンから出して、一時置き出来る場所があると良いと思い、カウンターの天板に耐熱タイル部分を設けるご提案をさせていただきました。

天板はウォルナットの無垢材です。
元々設置していたカウンターとは雰囲気を変えて、温かみのある印象に。スタイリッシュなグレーのタイルで空間を引き締めました。

キッチン横にダイニングがある間取りで、家族みんなが毎日使う場所なので、カウンターがよく使う細々したものをさっと取り出せる場所になればと思い収納をもうけました。家族それぞれが元に戻しやすく、奥様の家事負担軽減になれば良いですね。

今までカウンター上に置いておられたウォーターサーバーをキッチンカウンターに納め流ことでスッキリとした仕上がりに。何度も採寸しぴったりに仕上げました!奥様が一番使いやすい場所に持って来ましたので使い勝手抜群です。

施工中の様子


トラックから大きな木枠が運び出されます。 男性3人がかりで、搬入です。

大きいので外で毛布を敷いて、 カウンターの脚を取り付けます。

既存のキッチンカウンター。こちらもかっこいいのですが、使ってみると正面の飾り棚は奥行が浅く、 正面に飾って置いておく物もたくさんあるわけではなく、 使いこなすのが困難でした。

再度、搬入です。
大きいのでキッチン前のデッキの大きな窓からおうちの中へ入れます。

天板の木材も、搬入します。

既存の壁とぴったり合うように、 現地で微調整します。

壁とカウンターが、ぴったり合いました!

内側にもぴったり合うよう、キッチンに取付けます。

収納の棚板を設置します。

扉をはめ込みます。

最後はお掃除をして、完成です!

元々オープンカウンターがありましたが、置きたい物が置けない寸法だったり、扉がなく、お客様の視線が気になる場所に設置してあり、有効活用できていない状態でした。
打合せの中で具体的に何を置きたいか、奥様と一緒に考えてご提案させていただきました。オープン部分とクローズ部分を作り、飾りたい物も仕舞いたい物も、空間を有効活用して収納できるようになりました。特に毎日使うウォーターサーバーをシンク横に収納することで全体的にすっきりとした仕上がりに。使い勝手もぐん!と良くなりましたね。
パンや焼き菓子を手作りされる奥様でしたので、熱いものをオーブンから出して一時置きできるよう、カウンターの天板に耐熱タイルをもうけました。お料理もはかどります。
写真では少しわかりにくいですが、 床は部分的にメタリックな光沢をもつコンクリート調のタイルで、 ラフな素材感を重視するインダストリアルスタイルの空間を演出しています。ウォルナットの木目がより落ち着きと温かみを醸し出していますね。

もっとキッチン施工事例を見る!施工事例はこちら

実際にオリバーで工事したお客様の声はこちら

具体的に、商品を見てみたい!
オリバーのキャンペーンパックはこちら
キッチンリフォームキャンペーン
事例を絞り込みたい方はこちらをタップ
タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.