外壁サイディング・屋根板金工事


GS-0168

【仕様】外壁サイディング…IG工業 NF-テセルブリック メイン:Fレッドブラウン/一部:Fミルク
エリア 魚津市
お客様名 Y様
工事内容 外壁サイディング・屋根板金工事
リフォーム期間 30日間
価格 外壁サイディング…220万円
屋根板金…80万円
施工総額…300万円
築年数 15年

【仕様】屋根板金…スーパーガルベスト 色:黒

施工中の様子


近隣へのご挨拶を終えたら、工事の始まりです。 車通り、出入りなどなど、お客様が通られる場所の邪魔にならないよう細心の注意をはらいながら足場を組み立てていきます。

「胴縁」と呼ばれる下地材を外壁に打ち込んでいます。 この「胴縁」がミソで、壁の中に空気の通路をつくる役割も兼ねているんですよ。 打ち込んだ胴縁の上から新しいサイディングを重ね張りしていきます。

施工前 〜外壁診断〜


スレート屋根(コロニアル)が退色して粉末化している状態です。これは紫外線などによりスレートの表面が劣化して起こります。
屋根材が劣化して防水性が失われた為に、多湿状態を受けてカビやコケが発生しています。放っておくと、広範囲に広がって内部まで腐らせてしまう原因になります。

外壁を破損することにより、2次的な被害が出る可能性があります。剥がれたコンクリートの塊が落下する可能性もあり、バクレツによって外壁崩落事故やコンクリート塊落下事故が起こる可能性がある非常に危険な状態です。

庭木の周囲や北面で発生するかびや藻により、壁面が汚れる現象です。適切な処理をしないと再発生・増殖する恐れがあります。雨風にさらされる外壁は、経年劣化でツヤがなくなり、色褪せたり変色します。メンテナンス時期が遅くなるとヒビ割れや剥がれ等が起き急激な劣化につながります。

築15年。外壁や屋根の傷みが目立ち始めていました。
Y様のご近所で外壁工事をさせていただいており、私を信頼してくださり今回お任せいただきました。ありがとうございます。
チョーキングに苔、割れなどの劣化症状は外壁の重ね張りにより解決することができました。採用したサイディングはIG工業のNF-テセルブリック。深絞り技術の採用で、テッセラタイルの意匠を表現しました。
今までにない立体感と陰影を表現した味わい深いデザインが特徴です。優れた耐久性でメンテナンスを低減します。
雰囲気もガラリと変わりまるで新築のような仕上がりになりましたね。
実際にオリバーで工事したお客様の声はこちら

具体的に、商品を見てみたい!
オリバーのキャンペーンパックはこちら
外壁塗装キャンペーン
事例を絞り込みたい方はこちらをタップ
タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.