スタッフブログ

活動報告
日々の発見や気づきを毎日元気に更新中!

高岡市 雨漏れの調査依頼!開けてびっくり「なんじゃこりゃ?」
投稿日:2019年10月15日 (火)



投稿者:清水 宏之

こんにちは。オリバー高岡店 清水です。 
めっきり寒くなりました。廻りでも風邪が流行ってきてます。インフルエンザもいつもより早い時期に流行りそうとの事。体調管理には十分気を付けましょう。 
 
今回は、ベランダ付近からの雨漏れの症状を調査して欲しいとの依頼を受け、さっそくお邪魔しました。

この角廻りから漏水が頻繁に発生しています。ベランダ内からの放水テストの結果も同一の症状だったのでベランダの雨排水のどこに原因があります。

外にベランダ雨排水のステンレス曲げ加工された配管と雨樋が連結してあります。 
「?。なんか気になる」 配管の調査を実施します。

配管を見てみましたが、かなり無理やり作った感じがあるステンレスの曲げものです。 
「これはもしかして?」

配管の中を覗いてみました。 
「発見!」 
やはり推測した通りでした。無理に作った配管がベランダの床から外れてしまっています。右側奥に完全に外れた隙間が出来てしまっていて水が沁み出ています。

「これは大変な事に!」 
直ぐに、外壁を捲って中の木材の状態を確認しました。 
やはりこちらも予想通りでした。完全に木材の梁が腐って壊れてしまってます。

同じ場所を横から見てみましたが、完全に鼻先部分の原型が無くなってます。これで直ぐにお家が壊れる事はありませんが、かなり致命的な状況です。 
少し大きな地震(震度4くらい)で何かしらの被害が出そうです。 

この状況、よく調べると新築当初からこの状態であった可能性が高いです。接合部自身にさほど手を加えた感じが一切無く、ただ羽目てある程度と思われます。 
築30年ですから、雨が降るたびに木材に雨水がかかりここまで腐らせてしまった事になります。内部に被害が無かったことが不幸中の幸いです。 
現在は、補強をしこれ以上被害が拡大しない様にしました。修理業者と最善の修繕方法を検討して近々補修工事を実施する予定です。 
その模様は、改めて報告致します。

失敗 お客様に事前に伝えておかなければいけないこと
投稿日:2019年10月14日 (月)



投稿者:飯田 真通

皆さんこんにちは。飯田です。 
今回は失敗談です、、、 
写真はエコキュート交換工事の時の写真なのですが、日中から作業を開始したため、あたりが薄暗くなってくる頃まで取付をしていました。 
さあ取付が終わってお客様に完了のご報告。 
飯田「エコキュートの取付終わりました!」 
お客様「お疲れ様。さて、シャワーでも浴びようか」 
私「いいえ。お湯は出ません」 
お客様「!?!?、、、」 
みたいなやり取りを繰り広げてしまいました、、、(若干細かい内容は異なりますが) 
 
そうです。エコキュートを取り付けしてもすぐお湯を使うことはできないのです。 
電気ポットを想像してもらうとわかりやすいと思いますが、電気ポットをコンセントにつないで水を入れてもすぐお湯は出ません。 
エコキュートは深夜にお湯を沸かして、大きいタンクにお湯を貯めているので日中好きな時にお湯を使えるのです。 
 
事前にお客様にしっかりと説明をしておかなければいけないことでした。申し訳ありませんでした。 
以後気を付けます。 
 
皆さんもエコキュートや電気温水器を取り付ける際はご注意ください。

中2階の生活から開放的な空間へ☆☆☆
投稿日:2019年10月14日 (月)



投稿者:吉井 秀雄

こんにちは、高岡店の吉井です。 
先日の台風19号が漸く去りメッキリ秋の寒さになってきましたが皆様如何 
お過ごしでしょうか?暑がりで寒がりの私にとって難題の季節到来です。 
こうなれば現場管理を一生懸命行い、暖かく過ごしたいと思います。 
さて、今日ご紹介する現場は、主に中2階のLDKで過ごしておられましたが 
足腰のことを考え中2階を解体し、1階の車庫兼物置をLDKとするリフォームの 
解体後の状況です。

中2階を解体したため天井高が3.5mのLDKに 
なります。解放感がありますが、照明、断熱、 
室温を重視し快適リフォームを進めていきます。

階段下の頭がぶつかりそうになるスペースを 
生かし洗濯機を配置するスペースとなります。

高窓となるため、窓の開閉問題を 
解決していきます。 
明るく、1年通して過ごしやすい空間にリフォーム 
していきます。

キッチンリフォームキャンペーン

秋の夜長のお楽しみ
投稿日:2019年10月13日 (日)



投稿者:辰野 映理子

こんにちは、オリバー高岡店の営業企画部 辰野です。 
 
9月末の増税前に炊飯器を購入しました。 
独り暮らしをしている息子の炊飯器を8月に購入したばかりなので大体の目星はつけていたのですが、 
いざとなると 
釜が〜 
部品が〜 
機能が〜 
色が〜 
お手入れが〜 
と、アレコレ迷いました。 
 
リフォームする時も選ぶことが沢山ありますよね。 
「トイレのリフォーム」と一口に言っても 
トイレ本体だけではなく場合によっては、壁、床、照明、手すり、タオルハンガー‥と、 
細々と選んでいただくことがあります。 
 
選択肢が多すぎて迷わられるかと思いますが 
担当のリフォームアドバイザーにどんどんご相談いただき 
ホームページの施工事例などをご参考に 
秋の夜長、コーディネートをお楽しみください♪

トイレリフォームキャンペーン

はじめまして。富山本店 和氣です。
投稿日:2019年10月13日 (日)



投稿者:和氣 純平

はじめまして。 
オリバー富山本店 和氣です。 
 
最近はだんだんと気温も下がってきて、朝晩は寒いと感じることも増えてきましたね。 
 
本日は、トイレのリフォームをするお客様のところへお邪魔しました。 
 
TOTOのネオレストRH1を設置させていただきました。 
以前のトイレは、ウォシュレットが壊れてしまい使いにくくなってしまったので、オリバーへご相談いただき交換することとなりました。 

便座カバー自動開閉有り、自動洗浄有りでとても快適にお使いいただけます。 
 
 
 
株式会社オリバー富山本店 
富山市二口町3丁目2-14 
フリーダイヤル 0120-47-1152 
<大型ショールーム併設しております!リフォームをお考えの際は、お気軽にご来店ください!> 
定休日:火・水曜日/営業時間:10:00-18:00 
リフォーム事業部  
リフォームアドバイザー 和氣純平

トイレリフォームキャンペーン

台風が去ってくれたようですね
投稿日:2019年10月13日 (日)



投稿者:谷村 直美

最大級の台風の予報でしたが・・・

「立山さんが守ってくれる♪」と楽観的な方も多かったのでは 
ないでしょうか? 
私がそうです。 
いつも被害がなくて「いいところ♪」と他人事のように思っていましたが 
昨日は、本当に雨でびしょ濡れ。(私でさえ)飛ばされそうになりながら帰宅しました。 
嵐は去ったのでしょうか? 
朝から穏やかな曇り空です。

この写真のような色付きではないですが、 
先日庄川の方へ出向いた際は、例年より1ヶ月くらい早く 
紅葉が始まっているようでした。 
雨量も北陸にしては最大級の予報でしたので 
秋の訪れがこの台風により一気に加速しそうですね。 

もしお家の被害が心配な方は 
ぜひオリバーの外壁・屋根の無料点検の 
ご利用が便利です。 
 
オリバーの担当にお電話いただくか 
フリーダイヤルからご依頼くださいませ。 
 
台風の季節は、被害を最小にできるよう 
1年に一回の外壁屋根診断がオススメです。 
ぜひお気軽にお問い合わせください。

キッチンリフォームキャンペーン

相続のきほん⑧より〜オリバー通信より
投稿日:2019年10月13日 (日)



投稿者:石川 和子

相続のきほん⑧ 不動産を相続したら…⑵ 分割方法

こんにちは。オリバー富山本店営業企画 石川です。 
 
本日は、先日配布したばかりのオリバー通信 秋号(年4回発行)より 
「相続のきほん⑧ 不動産を相続したら…⑵ 分割方法」からお届けいたします。 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
前号では、不動産を相続した際に行わなければならない「相続登記(名義変更)」の主な手続きの流れについて解説しました。 
今回は、不動産のような分割しにくい遺産を(複数の)相続人に分配する場合、いったいどのような分割方法があるのかをご紹介いたします。 

 

現物(げんぶつ)分割

現物分割とは、被相続人の所有する不動産や財産を現物のままひとつずつ相続人に分割する方法です。 
右図の場合、被相続人の財産が「土地3カ所」と「預貯金」である場合、相続人である長男と次男がそれぞれの財産を現物のまま相続します。このように、それぞれの財産を他に変換することなく受け継ぐことを現物分割と言い、最も一般的な分割方法です。

換価(かんか)分割

換価分割とは、財産を現金に換え分け合う方法を言います。 
右図のように、相続財産に現金以外の土地や建物などの不動産が含まれている場合、不動産を売却して現金化し、預貯金と合わせて相続人に公平に分割します。換価分割は、現物資産を現金に換えることで遺産を公平に分けるメリットがあります。相続人が不動産を欲していない場合は有効な分割方法になります。ただし換価分割すると、場合によって相続税だけでなく所得税や住民税が関わってくる可能性がありますので、専門家に依頼されることをおすすめします。

代償(だいしょう)分割

代償分割とは、特定の相続人が遺産を相続する代わりに他の相続人に相続分に応じた金銭を支払う方法です。

例1の場合

実家の家業を継ぐため土地や家屋などを長男が単独で相続し、もう一人の相続人である次男には長男が現金(代償金)を支払って相続財産を分割します。 
この場合、他の相続人に与える現金(代償金)は、自身がもともと持っていた現金を使います。

例2の場合

上図のように、相続財産(建物(3,000万円相当)、土地(1,000万円相当)、現金2,000万円)を長男と長女と次男でそれぞれ相続します。こうした場合、平等な相続とは言えないため、長男が現金1,000万円を次男に渡します。こうすれば、全員が2,000万円を相続したことになり、相続財産が平等に分割されることになります。

どちらの場合も、他の相続人に与える現金(代償金)は、自身がもともと持っていた現金を使います。もしも現金が無く持っていた不動産を売却して代償金とした場合は、その売却益に対して税金が課税されてしまいます。そのため、現物資産を相続した人に支払能力がない場合には、代償分割は向いていません。

【番外編】

ご両親や親族が所有していた不動産を相続すると、税金(固定資産税)がかかります。そして、その不動産が例えば住宅であった場合、そこにご自身が居住しないとなると、“日々の管理”という負担がさらに重くのしかかることになります。もしも、それを理由に空き家同然に放置してしまうと、税金滞納や建物の老朽化と言った問題が生じ、さらには老朽化によって引き起こされる新たなたトラブルになる可能性もあります。(例:台風で空き家にしていた家の屋根の一部が破損して飛散し、隣家の窓を割ってしまった。) 
もし相続した不動産活用に何の計画もないのなら、「売却」することが最も有効な手段です。実際には、不動産相続をした方のほとんどが結局は売却にいたっているというのが現状です。 
※売却のメリット・デメリットについては「オリバー通信〈2019年新春号〉」をご覧ください。


富山市 外装工事 施工完了!
投稿日:2019年10月13日 (日)



投稿者:大場 圭人

こんにちは!株式会社オリバー 富山本店 リフォームアドバイザーの大場です! 
今日は歴史的風速の台風19号が日本列島を通っていきました。昨晩は風も雨もかなり強くなっていましたね。当社も関東地方に足立と松戸に支社がありましたが、スタッフに何事もなかったようで、良かったです。雨漏れの被害に遭われた方がもしいらっしゃったら是非オリバーまでご相談下さい。出来る限りの対応をさせて頂きます。 
 
本日は、富山市のM邸にて施工させて頂きました金属サイディング工事をご紹介致します。 

以前も工事中をご紹介させて頂いておりましたが、先だって完成し、写真をブログに上げてなかったなと思い、載せさせて頂きました。先だってもご紹介しました、KMEW社製のはる一番を使用し、全体的に金属サイディングを施工させて頂きました。 
当初から貼り分けをご提案していましたが、完成してみると非常に仕上りが良く、お客様にも満足して頂けているようで良かったと思っております。 
これからが、富山県における冬前のリフォームシーズンになってきますので、今ならまだ間に合いますので、外装工事にご興味のある方は是非オリバーまでご相談下さい! 
 
株式会社オリバー富山本店 
〒939-8211 富山市二口町3-2-14 
HP専用ダイヤル [ 050-8886-9490 ] 
<大型ショールーム併設しております!どうぞお気軽にご来店下さい!> 
定休日:火・水曜日/営業時間:9:00-18:00 
リフォーム事業部 
リフォームアドバイザー 大場 圭人 
 

キッチンリフォームキャンペーン

富山市 屋根瓦締め直し 施工完了しました!
投稿日:2019年10月12日 (土)



投稿者:大場 圭人

こんにちは!株式会社オリバー 富山本店 リフォームアドバイザーの大場です! 
今日は歴史的風速の台風19号が接近していますね。今の時点で風も雨もかなり強くなっています。特に関東地方の方々は注意が必要ですね。当社も足立と松戸に支社がありますので、スタッフに何事もないように願うばかりです。 
 
本日は、富山市のY邸にて施工させて頂いております瓦の締め直し工事をご紹介致します。 
そのついでではありますが、瓦屋根の雨漏れしやすい箇所を紹介できればと思います。 

屋根工事において雨漏れしやすい箇所はいくつかあります。 
①水切りの劣化・・・今ではステンレス製の水切りを使用していますが、昔は銅板や鉄の水切りを使用していましたので、酸性雨による劣化で穴が開くことがあります。 

②棟瓦のズレ・・・屋根の一番上にある瓦が積みあがった棟の部分は風の影響を受けやすく、経年劣化でズレが生じてきます。このズレた部分から雨水が侵入して雨漏れの原因になることがあります。多くの雨漏れの原因になりやすい箇所です。

③下地の劣化・・・防水紙があるとはいえ下地が劣化してくればそこから雨漏れが生じることがあります。今回のお家はこの部分のやり替えをして雨漏れ対策を施します。

④熨斗瓦の隙間・・・赤いレンガのような熨斗の部分に中の棟土が風化することで隙間が生じてくることがあります。この隙間も雨漏れの原因になりますので、注意が必要です。

以上が主な瓦屋根における雨漏れの原因になります。今回は、下地をやり替えて棟瓦を積み直しする「締め直し」という工法を使って施工させて頂きました。

写真は下地をやり替えている写真です。ベニヤの下地を敷き、その上からゴムアスファルトシートを施工します。昔ながらの防水紙よりも防水性と伸縮性に優れた代物で近年の屋根瓦の工事においてスタンダードとなっています。

写真は棟を積みなおしている様子です。昔は粘土のような棟土を棟瓦の中にいれていましたが、今ではナンバンというモルタルのようなものを中に入れ固めてから棟瓦を積んでいきます。また、熨斗の部分には漆喰を塗り、隙間をなくします。

施工が終わった写真が以上の写真です。棟瓦から水切り、下地までしっかりと施工がしてありますので、この台風でも大丈夫であると思います。台風の後は雨漏れの被害が顕著に出ますので、屋根工事にご興味のある方は是非オリバーまでご相談下さい! 
 
株式会社オリバー富山本店 
〒939-8211 富山市二口町3-2-14 
HP専用ダイヤル [ 050-8886-9490 ] 
<大型ショールーム併設しております!どうぞお気軽にご来店下さい!> 
定休日:火・水曜日/営業時間:9:00-18:00 
リフォーム事業部 
リフォームアドバイザー 大場 圭人 


雨が強くなって来ました
投稿日:2019年10月12日 (土)



投稿者:藤井 亜理

御経塚店の現在の状況です。 
どんどん雨が強くなってきています。 
 
これから風も強くなることが予想されているので、明日が心配ですね。 
屋根、外壁はもちろん窓の被害にも気を付けてくださいね! 
 
私の自宅は古い木造アパートなのですが、今日の最強クラスの台風の影響が今から心配です。 
隣の家がたまたま足場も組んでいるし、夜に屋根が吹き飛んだり、足場が崩れてきたらどうしよう!と 
今から心配が尽きません。 

1 / 307 1 2 3 307
オリバー公式facebookもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.