外壁塗装 セミフロンスーパーマイルドII・コーキング オートンイクシード 打ち替え・防草シート/豆砂利敷工事


GT-0166

【仕様】外壁塗装…KFケミカル セミフロンスーパーマイルドII SC-06/シーリング材…オートンイクシード
エリア 高岡市
お客様名 Y様
工事内容 外壁塗装 セミフロンスーパーマイルドII・コーキング オートンイクシード 打ち替え・防草シート/豆砂利敷工事
リフォーム期間 21日間
価格 外壁塗装 セミフロンスーパーマイルドII 160万円
外構(防草シート/豆砂利敷) 50万円
施工総額 210万円
築年数 不明

防草シート/豆砂利敷工事
芝の生えていたお庭には防草シートと砂利にて施工しました。土間打ちもちろんいいのですが、コスト面や防犯性等を考慮し砂利仕上げとしました。これで今年は除草の悩みがなくなりますね。

施工中の様子


外壁塗装、外装の工事では仮設足場は大きな役割があります。作業性の良い足場を架けることにより、職人の安全性が保たれ塗装の技術を余すことなく発揮することで高品質な施工が出来ます。
そしてこの足場を覆うようにメッシュと言う、飛散防止ネットを張ることにより、塗料、ゴミが近隣の建物に付かないように配慮します。

施工前 〜外壁診断〜


外壁が剥がれてきています。塗装の劣化により浸入した雨水が塗膜と下地の間にたまることで起こります。 さらなる雨水の浸入を促して建物の強度を低下させる原因になるため、早めの対策が必要です。

サイディングボードの繋ぎ目部分、コーキングの劣化。長い時間放置すると内部の骨組みに腐食が発生し、住宅に大きな問題を引き起こす可能性があります。

外壁の汚れのが目立ちます。カビ・藻がある状態というのは、壁が水を吸う状態ということです。水を吸う状態になると微生物の繁殖が活性化し、チョーキング現象やクラックの起因となります。更に、防水効果が低下し、雨や湿気が入り、カビ・藻(微生物)が発生するという悪循環になります。これが外壁腐食の原因であり、塗膜の保護機能がなくなっている状態です。

コーキングの劣化や外壁の汚れ、色あせ等が見られました。他にも庭の草むしりが大変とご相談を承りました。
もともとの真っ白な外観からイメージを一新し、温かみのある色で塗装をしました。使用した塗料は耐久性の高いセミフロンスーパーマイルドIIを塗りました。また、デザインのあるサイディング部分はクリア塗装を施すことで元の色味を蘇らせました。コーキングはオートンイクシードで打ち替えを行いましたので長期に渡りご自宅を雨水の進入から守ります。その他にも除草にお困りでしたので、お庭を防草シートと豆砂利敷きにて施工いたしました。これで大変だった除草作業の手間が省けます。
色決めはサンプルや今までの施工事例、カラーシミュレーションなどでご納得いただけるまで打ち合わせを行いますので、気になる点はお気軽にご相談くださいね。
実際にオリバーで工事したお客様の声はこちら

具体的に、商品を見てみたい!
オリバーのキャンペーンパックはこちら
外壁塗装キャンペーン
事例を絞り込みたい方はこちらをタップ
タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル
オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.