外壁サイディング YKK AP 縦張りスタッコ 工事


GS-0264

【仕様】YKK AP 縦張りスタッコ 色:フロスティーグレイ
エリア 高岡市
お客様名 S様
工事内容 外壁サイディング YKK AP 縦張りスタッコ 工事
リフォーム期間 45日間
価格 外壁サイディング YKK AP 縦張りスタッコ 185万円

施工中の様子


近隣へのご挨拶を終えたら、工事の始まりです。 車通り、出入りなどなど、お客様が通られる場所の邪魔にならないよう細心の注意をはらいながら足場を組み立てていきます。

施工前 〜外壁診断〜


チョーキング現象とは、外壁の塗装面に起こる劣化現象の1つで、壁を手で触ると白い粉状が付く現象です。チョーキング現象はある程度劣化した外壁であれば塗装に樹脂塗料を使っている限りはほとんどの場合に起こる現象なので、外壁の塗り替えを行う良い目安と言われています。

外壁が劣化すると、表層面が保水性を持つことになります。その保水性が「藻」や「カビ」を引き寄せ、さらに「大気汚染物質」などを付着しやすくさせます。汚れを複合的に引き寄せる原因となります。

シーリングは、痩せ、変形、軟化、変色、ヒビ割れ、剥離、破断などの劣化症状があります。劣化の原因は様々ですが、太陽光を浴びたり、雨風に晒されたり、地震の時に建物が揺れる時に力が加わるなどの原因で劣化していきます。

年数が経過し、吸水と冬場の凍結を繰り返すことで塗装の剥離が発生する症状です。この症状を放っておくと、下地のだめになってしまい家にとって良い状態ではありません。

数年前から外壁の傷みが気になっておられたそうです。消費増税も決まり、増税前になんとかしたいとご相談いただきました。
劣化症状を確認してみると爆裂や色あせなどの症状が見られました。今後の耐久性も考慮し金属サイディングの重ね張りにてご提案させていただきました。
採用した外壁材はYKK APの縦張りスタッコ。アルミだから錆びず、割れません。外装材の中でも最軽量で、建物への重量負担が少なく、錆びや塩害に強い素材です。 シンプルでスマートなデザインは、さりげなく上品に周囲と調和し、 ワイドな働き幅もすっきりとした外観になります。
少し台風や雨の影響で工期が延びてしまい申し訳ございませんでした。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

もっと外壁サイディング施工事例を見る!施工事例はこちら

実際にオリバーで工事したお客様の声はこちら

具体的に、商品を見てみたい!
オリバーのキャンペーンパックはこちら
外壁塗装キャンペーン
事例を絞り込みたい方はこちらをタップ
タップでお電話がすぐにできます!
採用情報
オリバーチャンネル オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.