理想のひとり暮らしのために将来を見据えた機能性と防犯性のリフォームをご紹介!

富山・石川県でリフォームならオリバー
オリバーリフォーム大辞典

知っておきたいリフォームのポイントや
みなさまの暮らしに役立つ豆知識など、
リフォームをご検討の方に
役立つ情報をご紹介しています。

理想のひとり暮らしのために将来を見据えた機能性と防犯性のリフォームをご紹介!
内装
2022年4月25日
今、中古マンションや平屋の一戸建てをリフォームして、ひとり暮らしを楽しんでいる人たちが増えています。
その人の個性的なスタイルや、その人らしさを表現できるのがリフォームの良さです。
ひとり暮らしの特権は、何でも全て自分一人で決められる自由なところではないでしょうか。
一言でひとり暮らしといっても年齢や性別もさまざまで、ひとりがゆえに将来的な課題があることも事実です。
今回は、ひとり暮らしの自由を望み、楽しく快適で安全に過ごせる住まいを実現するには、どのようなリフォームが必要なのかを紹介します。

ひとり暮らしのリフォームで意識するポイント

 

ひとり暮らしは、自由で自分らしくリフォームすることができます。

趣味の部屋を作ったり、料理好きならキッチン周りを充実させたりパーティー好きなら広いリビングを作ったりもできます。

ひとり暮らしのリフォームで意識するべきポイントを解説します。

 

将来を見据えて考える

lifeplanひとり暮らしは、しっかりと将来を見据えたプランを立てることが大切です。

一戸建ての平屋であってもマンションであっても、そこで住み続けるために年齢を重ねた時のことも考えてリフォームすることが必要です。

例えば、部屋の建具や浴室の扉は開閉が便利な引き戸にするなど、将来的に便利で安全で機能性の高いものを採用することが重要でしょう。

また、ひとり暮らしを楽しみながら続けるというライフプランを選ぶ人もいるでしょう。

高齢になっても安全安心の設計を選択しつつ、ひとり暮らしを満喫する設計がおすすめです。

一度、それぞれのライフプランをしっかりと考えてみましょう。

 

生活動線を確保する

 

seikatudousenひとり暮らしをするなら、自分のライフスタイルに合った使いやすく動きやすい部屋にしたいものです。

広さはそれほど必要ではなくても、ひとり暮らしだから実現できる自分専用の快適空間を確保しましょう。

例えば、寝る直前や朝に目覚めのシャワーを浴びるスタイルの人には、バスルームとベッドルームを繋げるなど自分にピッタリの動線を作ると良いでしょう。

水廻りを一直線に繋げて家事動線を使いやすくしたり、トイレとベッドルームを隣接させたりと自分の動きに合った生活動線にリフォームすることが重要です。

 

防犯性を高くする

 

bouhanマンションの場合はある程度防犯性が高く守られていますが、一戸建てはセキュリティが重要になってきます。

玄関ドアは、防犯性の高いキーシステムが付いているドアに交換することや、窓にシャッターを付けること、二重窓にするなどひとり暮らしを狙った犯罪から身を守るリフォームが必要です。

ひとりでも安心して住める環境を作るリフォームを心がけましょう。

 

 

 

バリアフリー設計にする

 

bariafree若い人のひとり暮らしにはあまり関係がないようですが、やはり将来的なことを考えると高齢になり車椅子生活になる可能性もないとはいえません。

また、バリアフリーにするとわずかでも段差が無くなり、つまずくこともなく誰でも生活しやすい環境になります。

例えば、各居室の入り口やトイレ、洗面室などの水廻りの入り口、外部では玄関までのスロープなどがあると良いでしょう。

リフォームを検討する場合には、バリアフリーにすることも大切な要素のひとつです。

 

ひとり暮らしリフォームの間取りの選び方

 

ひとり暮らしの間取りやレイアウト設計は、どのようにすれば将来的にも安心なのか解説します。

 

ひとり暮らしをずっと楽しめる快適な間取り

 

randoriひとり暮らしは、自分の好みの間取りにできるので、それぞれのライフスタイルに合わせたリフォームが実現できます。

 

お風呂が大好きな人は、さまざまな癒しの機能が付いたシステムバスでゆったりくつろげる空間を作れます。

ベッドルームも好みの観葉植物やアロマ、調光・調色機能の照明などリラックスできる自分らしい空間にカスタマイズすることが可能です。

洗濯物も浴室乾燥機で乾かすのも良し、室内干しならリフォームでそのスペースを作っておくこともできるでしょう。

また、ひとり暮らしのレイアウト設計は、LDKとベッドルームの間に水廻りを配置す

るのがベストです。

トイレや洗面、バスルームはLDKからもベッドルームからも出入りできる2 Wayが理想的でしょう。

あとは、段差をなくすバリアフリー設計にすることです。

マンションはエレベーターを使い、室内はほぼバリアフリーになっていますが一戸建ての場合はリフォームで段差をなくすことが将来への安心に繋がります。

 

好きなものに囲まれている空間

 

syumiひとり暮らしに限ったことではありませんが、人は好きなものに囲まれていると幸せな気分になります。

好きなポップアートを壁に掛けたり、コレクションしている物を飾ったり、観葉植物で緑いっぱいにしたりと満足な空間を作ると楽しくなります。

平屋ならインナーガレージを作って、好きな車やバイクを眺めるのも良いでしょう。

また洋服や靴、カバンなどたくさんある人は収納が必要です。

そんな人には、大きなウォークインクローゼットをリフォームで作ることをおすすめします。

自分の好きなものに囲まれて暮らせる幸せな空間を作りましょう。

 

ペットと暮らす

 

petペットは癒される効果もありますが、お世話することも大切です。

リフォームする場合は、ペットの暮らしやすい環境を作ってあげる設計を考えることが必要でしょう。

例えば、滑りにくい床にしてあげることや落ち着いて寝ることができるスペースなど、ペットにストレスを与えないようにすることが大切です。

不在時でも空調など過ごしやすい環境にしてあげて、カメラを使って外出先からでもスマートフォンで確認できようにすれば安心ですね。

ひとり暮らしは、家族の一員であるペットと共存することで楽しい生活が送れます。

 

おもてなし好きの来客が多い家

 

omotenasi友人や知人、仕事仲間など人が集まることが多い家は、大きなLDKが理想です。

みんなで料理を作ったりキッチンに立つ場面が多いなら、アイランドキッチンなどでキッチン周りも充実させておくことが必要でしょう。

大勢でパーティーなどをするなら食器やグラスもたくさん必要で、大きい冷蔵庫も欲しいところです。

ゆったり座れるソファや大画面のテレビもあると、よりくつろぐことができるでしょう。

また、車での来客の駐車スペースの確保や泊まれるゲストルームなどもあれば言うことなしです。

人を呼ぶことが好きな来客の多い家は、その前提でリフォームすることをおすすめします。

 

まとめ

平屋のひとり暮らしのリフォームは、玄関や室内の建具は引き戸にしてバリアフリーが良いでしょう。

一戸建ては特に防犯性を高めるために、窓や玄関からの侵入を防ぐ工夫をリフォーム業者と考えることが必要です。

マンションのリフォームは、共有部分があるため管理規約に基づき工事をすることが必要なので注意しましょう。

ひとり暮らしは、誰にも気兼ねなく自由に暮らせるので個性的な住まいが実現できる素敵な暮らし方です。

関連キーワード:
ひとり暮らし
おすすめ記事
内装
2022年6月27日
吹き抜けを塞ぎたい!リフォームして部屋にするにはどんなことに気をつけたらいいの?
家を建てる時に開放感があり、デザイン性も優れた吹き抜けに憧れて造った空間。 新築時には満足して暮らしていたが、生活していると吹き抜けのデメリットに...
続きを読む
内装
2022年6月20日
生活動線に手すりをつけて筋力低下を防ぐ介護予防のオススメ!
高齢者のいるご家庭では、転倒などによるケガが心配ではないでしょうか? 筋力が低下している高齢者の転倒は、骨折などの重大な事故につながります。 親が...
続きを読む
内装
2022年6月13日
ウォークスルークローゼットとウォークインクローゼットの違いとは?機能性を徹底検証!
最近住宅リフォームのご要望として多いのは、ウォークスルークローゼットの導入です。 この2種類のクローゼットの違いまでは、あまり知らないという方も多い...
続きを読む
内装
2022年6月6日
部屋の雰囲気がガラリと変わる!おすすめ床材のトレンドカラー!
床材(フローリング)のカラーで部屋の雰囲気がガラリと変わるので、慎重に選びたいですよね。そうはいっても床材のカラーは種類がたくさんあり、なかなか選...
続きを読む
採用情報 オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.