オリバーリフォーム大辞典

知っておきたいリフォームのポイントや
みなさまの暮らしに役立つ豆知識など、
リフォームをご検討の方に
役立つ情報をご紹介しています。

中古住宅を購入してリフォーム!失敗しないポイントとは?
その他
2021年10月22日
新築住宅もいいけど、中古住宅を購入して自分好みの住まいにリフォームして住むのも魅力的ですよね。新築住宅にはないメリットがたくさんあります。しかし、中古住宅ならではの注意点も多いため、しっかりと事前知識をそなえたうえで購入&リフォームすることがおすすめです。この記事では、中古住宅の購入&リフォームのメリット、購入の注意点、リフォームの注意点について詳しく紹介します。失敗しない中古住宅の購入&リフォームの参考にしてくださいね。

中古住宅を購入&リフォームのメリット

中古住宅を購入してリフォームは、新築住宅の購入するのと比べ、どんな違いやメリットがあるのか解説します。

 

 購入金額がおさえられる

中古住宅は新築住宅に比べて購入費用が安くおさえられます。建物や設備の年数が経過しているのは当然ですが、それだけではありません。新築住宅は建てたら売りきらなくてはいけないので、広告宣伝費、販売人件費などのコストが販売価格に上乗せされています。一方、中古住宅はパンフレットもないですし、モデルルームもありません。住宅の取得コストが下げられるのは大きなメリットです。

 

 補助金、減税を上手に利用できる場合も

減税条件にもよりますが中古住宅を購入してリフォームをすれば「長期優良リフォーム補助金」を受け取ることができます。物件を長く大切に使うことが目的で、①劣化対策、②耐震性、③省エネ性、④維持管理・更新の容易性が評価基準です。最大で300万円の給付を取得できるケースもあります。物件とリフォーム内容によっては対象外ですのでご注意ください。

 

詳しくはこちらのサイトで概要をご確認ください。

長期優良住宅化リフォーム推進事業総合トップページ
https://www.kenken.go.jp/chouki_r/reform_r2_1.html

 

また中古住宅でも住宅ローン減税の制度を受けることができます。さらに中古住宅は新築住宅に比べて建物評価の減価率が考慮され、固定資産税も安くなります。これらの補助金、減税制度を上手に利用して中古住宅を購入できます。

 

 物件数が豊富

中古住宅は流通量が多く、物件数が豊富です。希望エリアで新築物件が見つからない場合でも、中古物件なら見つかる可能性も高いですよね。通勤や通学で物件を探す期間が限られている場合は、希望エリア内に新築住宅がみつからないケースもあります。中古住宅は物件数が多い分、立地も建物も希望通りの物件に巡り会えるかもしれません。

 

 こだわりの内装、設備をセレクトできる

設備にこだわろう中古住宅をリフォームすれば、あなただけのこだわり空間が作れます。内装材、キッチン・バスなどの設備機器、リフォームの仕上がりを自分でセレクトしたいですよね。注文住宅はコスト的に無理だけど、建売住宅ではありきたりの内装で満足できない・・・という人には、こだわりを詰め込んだリフォームを思いきり楽しめますよ。

 

 

中古住宅を購入する際の注意点

中古住宅を購入する際は、次のことに注意しましょう。

 

 耐震性は問題ないか

耐震性の問題

中古住宅は耐震性に問題がないか、見極めることが大切です。耐震性の一つの基準が「新耐震基準」です。1981年に新耐震基準が導入され、震度6強〜7に達する程度の大規模な地震で倒壊・崩壊しない強度が基準となりました。それより前に建てられた建物は耐震補強工事が必要なケースが多いといえます。また2000年には「住宅品質確保促進法」が制定されました。「2000年基準」ともいわれます。地盤調査の実施、柱・梁・筋交いの接合金物の指定、耐力壁の配置など、より強度の高い基準を作った制度です。2000年以降に建てられた住宅ですと、耐震性は安心できるといえます。耐震性を判断する一つの目安にしてみてください。

 

 リフォームに支障がないか現地をプロに見てもらおう

中古住宅を安心して購入するには、現地をプロに見てもらいましょう。

プロに見てもらおう・リフォームで希望の間取りが実現できるのか。
・耐震性は問題ないのか。
・シロアリなどの被害はないのか。

これらを事前に確認しておけば、リフォームの際に予定外の大掛かりな工事が発生するトラブルを免れることができます。診断費用はかかりますが、ホームインスペークター(住宅診断士)や一級建築士など専門家に確認してもらうと安心です。

 

 

 

 建物の立地環境は問題ないか

建物の立地環境建物の立地環境は、現地を見ないとわかりません。時間がないからと省略せずに必ず現地を確認しましょう。すでに建っている建物は日当たり、風通りを確認できます。窓からの景色が思った以上に素晴らしかったなど、気づかなかった魅力を感じるかもしれません。資料だけでわわからない物件のメリット、デメリットを実際に内覧して確認しましょう。

 

 

 

中古住宅リフォームを成功するために

中古住宅のリフォームを成功するためのポイントを紹介します。

 

 増築、減築は慎重に

増築、減築リフォームは注意点が多いので、慎重に計画しましょう。居住スペースを増やしたい、または減らしたいという要望は多いのですが、デメリットのほうが多く積極的な提案はしないケースがほとんどです。

主なデメリットは増築減築は慎重に
・外壁、屋根材が部分的に変わって見た目が悪くなること。
・既存の住宅との接合部が地震によってひび割れしやすくなること。
・雨漏りしやすくなること。
・リフォーム費用が高額になること。

増築、減築はこれらのデメリットを理解した上で、信頼できるリフォーム会社に相談しましょう。

 

 間取り変更がどこまで可能か

間取り変更がどこまで可能か間取り変更は希望通りにできない可能性があります。建物の構造に支障をきたす場合があるからです。構造上必要な柱や筋交いが撤去できない場合も多くあります。間取り変更を安易に考えず、しっかりと専門家に確認した上で購入しましょう。もともとの間取りをいかして、内装や設備のこだわりを詰め込んだリフォームなど、構造に支障がない範囲でのリフォーム計画も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 リフォーム中に起こるトラブルにそなえる

リフォーム中にトラブルが起こることもありますので、しっかりそなえておきましょう。購入前に診断したとしても、解体工事をして初めてわかるトラブルもあります。その際は契約した金額以外のリフォーム工事代が発生します。中には必要以上の追加工事を提案するような、リフォーム会社も残念ながら存在します。そういったトラブルを避けるためには、見積内容が明確であること。予定外のトラブルにどう対応する方針なのかを明示してくれる。そんな安心できるリフォーム会社へ工事を依頼しましょう。

 

まとめ

こだわりの中古住宅リフォーム魅力的な中古住宅の購入&リフォーム。メリットが多い一方で、注意点も多い特徴があります。それらの注意点をしっかりおさえて、満足の行く住まいを手に入れましょう。そのためには信頼できるリフォーム会社とのお付き合いが重要になります。失敗しない中古住宅の購入&リフォームで快適な住まいを手に入れましょう。

おすすめ記事
その他
2021年11月10日
いろいろある門扉!エクステリアのこだわりポイント!
住宅の門扉は家の顔になるので、商品選びには妥協できませんよね。しかし門扉選びはどこに注目して選ぶべきかわからない。カタログを見てもいまいちピンとこ...
続きを読む
その他
2021年11月5日
サンルームやテラス囲いの劣化、自然災害での割れ、倒壊!修理できますか?
洗濯物を干す際に、外に干すと紫外線で服が焼けることや、花粉やほこりがつき、雨が降ると乾かないことがあります。 さらに、部屋干しすると生乾きの匂いや...
続きを読む
その他
2021年10月15日
庇をつけて快適に!家の顔である玄関をグレードアップ!
庇は霧よけなどとも呼ばれ、和風の家に付いているものを想像する方も多いと思います。外観がシンプルな住宅が増え、庇を取り付けない家も多くなりました。庇...
続きを読む
その他
2021年9月22日
北陸(富山県・石川県)でカーポートを選ぶときの注意点とは?
積雪量が多い北陸(富山県・石川県)で特に必要とされているカーポート。駐車場に屋根がある事で雨や雪、紫外線等から車が守られる為、メリットがたくさんあり...
続きを読む
採用情報 オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.