富山でシロアリ駆除をするときの注意点

富山・石川県でリフォームならオリバー
リフォームコラム

知っておきたいリフォームのポイントや
みなさまの暮らしに役立つ豆知識など、
リフォームをご検討の方に役立つ情報をご紹介しています。

富山でシロアリ駆除をするときの注意点
その他
2022年2月14日
シロアリは、大切な住宅にいつの間にか入り込み、気付かないままでいると重大なダメージを負わせてしまう家の大敵です。住宅は、計算された構造とデリケートなバランスで支えられているため、シロアリによって壁や柱が損耗すると、致命的なダメージになってしまいかねません。屋根や天井を食われてしまえば雨漏りの原因になり、そこから染み入った湿気によってさまざまな箇所に不具合が出てしまいます。
もしシロアリを見かけたら、早急に駆除しなければいけません。しかし、大切な住宅を大きく傷めてしまうシロアリの駆除には、さまざまな知識を持って臨む必要があるのです。
この記事では、大切な家を守るために知っておきたいシロアリについての情報をご紹介させていただきます。

住宅の大敵シロアリ

まずは、シロアリについて知っておきましょう。
ヤマトシロアリ日本国内には約20種類のシロアリが生息していますが、その中で富山県内の住宅に被害を出しているのは、主にヤマトシロアリと呼ばれている種類です。シロアリは羽アリとなって群れて飛ぶ群飛によって移動を行うのですが、ヤマトシロアリの場合は4月から6月頃の湿度の高い日に群飛をします。群飛はほとんど昼間の時間帯に行われるため、この時期の昼間から夕方にかけての時間帯が最も警戒するべきだと言えるでしょう。
また、シロアリは繁殖力が高く、住宅の周りでシロアリを見かけた場合はどこかに巣ができている可能性が高く、既に侵入されてしまっていないか警戒しなければなりません。ヤマトシロアリが巣食うのは床下が多く、天井にまで被害が及ぶことはほとんどないとされています。
シロアリを警戒する上で注意するべき場所としては台所やお風呂場、トイレなどの水場、玄関や押し入れ、日当たりが悪くじめじめとしたところが挙げられます。もし屋内のこれらの場所でシロアリを見かけたら、既に住宅内にシロアリが侵入してしまっていると考えて行動しましょう。

屋内でまだシロアリを見ていない場合、住宅内に侵入しているかを判断する場合はまず、蟻道ができていないかを確認しましょう。蟻道とはシロアリが通った跡にできる土が盛り上がったような道であり、土砂や排泄物によって作られたトンネルです。
これが住宅の基礎、土台の表面などにできているのを見かけたら、シロアリが侵入してしまっている可能性があります。
その場合は慌てず、住宅の低い位置に露出している木材をチェックしましょう。木材に割れ目ができていて、そこに土が詰め込まれている現象は蟻土と呼ばれます。この蟻土ができていたら、高確率でシロアリが住み着いてしまっていると考えて良いでしょう。

 

シロアリを放置するとどうなるの?

シロアリが住宅に住み着くとどんな被害が起きるのか、具体的な例をご紹介させていただきます。
まず住宅の中でもヤマトシロアリの被害に遭うことが多いポイントは、壁の隙間に埋め込まれた断熱材です。
断熱材は住宅内部の保温を目的として使用される建材ですが、木材よりも柔らかく、シロアリにとっての大好物です。優先的に食い荒らされることが多く、気付かないうちに壁の内側がスカスカになるまでかじられていて、住宅の断熱性が失われていたというケースが多々見られます。
断熱効果が失われれば、夏は暑く、冬は寒いという状態になってしまうため、住みよい環境は大きく損なわれてしまうでしょう。
また、断熱材を足掛かりとしてシロアリは他の部位へも侵蝕を進めていきます。ヤマトシロアリの場合は天井まで到達することはあまり多くありませんが、柱や壁がボロボロにされてしまったという事例は少なくありません。
そして、ヤマトシロアリの被害が特に多い場所として挙げられるのは床下です。ヤマトシロアリは平らな場所を水平にかじり進めていくことが多く、気付いた時には床下を荒らされて、床がフカフカと沈むような感触になってしまっていたという事例が多くあります。
こうなってしまうと床が陥没する、建物が傾くといった重篤な事態に繋がっていく可能性があるため、できる限りの早期発見と早期対応が求められます。

 

 

シロアリがいた場合の対処法について

シロアリを見つけた場合、どう対処すれば良いのでしょうか。
最も簡易な対処として、ホームセンターなどで売られているシロアリ駆除剤などが挙げられます。しかし、これはあくまで屋外だけで見かけた場合の応急処置だといえるでしょう。知識がない状態でのシロアリの根絶は難しく、既に屋内に湧いてしまったシロアリを自分で対処しようとすると手遅れになってしまいかねません。
そのため、住宅の内部でシロアリを見つけた場合は、必ず信頼できる専門の業者に駆除を依頼しましょう。信頼できる業者を探す際にはいくつかポイントがあります。
まずは業者のホームページを確認することが大切です。業者のホームページをチェックする際、施工実績やしろあり防除施工士の資格の有無、施工後に再度シロアリが湧いてしまった場合のアフターサービスの有無などが確かめておきたいポイントとして挙げられます。シロアリ対処法これらの条件を見比べた上で業者を絞ったら、次は見積もりを依頼しましょう。見積もりを依頼する際に確認するポイントは、料金について明確でわかりやすい見積もりを出してくれているか、丁寧に対応しているかなどです。これらのポイントを参考に、信頼できる業者を選択しましょう。
正式に依頼をしたらシロアリの駆除作業を行います。駆除作業には専用の薬剤が用いられ、床下などを中心に効率的かつ徹底的な駆除が行われます。作業は基本的に半日で完了するため、スケジュールの合う日を見つけてできるだけ早期に作業を依頼するようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は、大切な住宅を損傷させてしまうシロアリの基本情報とその駆除について、さまざまな情報をお届けさせていただきました。
シロアリが侵入しやすい場所などを確認し、シロアリを発見したら迅速に行動することが大切です。
そして、知識がない状態では対処できるものではないことを認識して、適切な駆除業者を選びましょう。
家を守って長く住んでいくためにも、シロアリには適切な対処を心がけるようにしましょう。

関連キーワード:
シロアリ
おすすめ記事
その他
2022年10月10日
リフォーム玄関ドア人気ラインナップ③【三協アルミ ノバリス編】
続きを読む
その他
2022年10月3日
リフォーム玄関ドア人気ラインナップ②【LIXIL リシェント編】
続きを読む
その他
2022年9月26日
リフォーム玄関ドア人気ラインナップ①【YKK AP かんたんドアリモ編】
続きを読む
その他
2022年7月18日
実際の施工事例でご紹介!リフォームをする上で気になる点!これだけは知っておきたいポイントは?【玄関リフォーム編】
続きを読む
オリバー社長ブログ 猪突猛進! 採用情報

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.