オリバーリフォーム大辞典

知っておきたいリフォームのポイントや
みなさまの暮らしに役立つ豆知識など、
リフォームをご検討の方に
役立つ情報をご紹介しています。

雪国に最適の雪止め「ゆきもちくん」対策次第で落雪は防げます!
外壁・屋根
2022年1月17日
降雪量は、その年の気象状況等により刻々と変化するため、いつどのくらい雪が降るのかは、なかなか予測することができません。そのため北陸のような降雪地域においては、雪による被害を100%防ぐのは困難なのですが、雪止めを効果的に設置することで、被害の元である落雪を大幅に減らすことが出来ます。

落雪被害の危険性について

落雪の危険屋根に積もった雪は、気温が上がると溶けはじめ、少しずつ滑り落ちます。しかし、場合によっては(気温が低い時など)大きな雪の固まりとなって、勢いよく一気に落ちる時もあり、軒下は非常に危険です。
そこに車をとめていたり、隣家の庭があったり、通行人が通ったりしたら…大惨事になることもあります。特に隣家とのトラブルはできる限り避けたいものですよね。近年は、予測できないほど大雪になる年もありますので、雪害の起きやすい箇所について事前にチェックし、対策を考えておくことが大切です。

 

ゆきもちくん の施工事例はこちらから>>

 

 

雪害の多い箇所

過去に寄せられた補修相談のうち、雪害による事例で多かったのは…

 

雨樋の破損 瓦のズレ・割れ サンルームのポリカ破損 カーポートのポリカ破損 フェンスの倒壊
雨樋の破損 瓦のズレ・割れ サンルームのポリカ破損 カーポートのポリカ破損 フェンスの倒壊

 

となっています。

補修相談以外では、
・雪の落ちる場所が通行の妨げになり除雪が大変
・雪が多い時に、隣の家の敷地に雪が落ちるのが心配
といった声も多く寄せられています。

 

 

 

雪止め設置と火災保険適用のポイント

自然災害による家の破損は、火災保険が適用されることがあります。工事にかかる費用を、保険金で賄うことができるかもしれないので、リフォーム会社にぜひ相談してみましょう。
気をつけたいポイントとしては、雪止めの新規設置工事の費用は、火災保険の適用にならないということ。なぜなら、支払われる保険金は、「原状復帰」に必要な修繕費用になるからです。火災保険についてしかしながら、火災保険が適用される雨樋や屋根の修繕費用には、足場代を含めることができるので、そのタイミングに合わせて雪止め設置工事を追加すれば、足場代を節約することができる可能性が高いです。
また、自宅の落雪による隣家への被害の補修も、基本的には火災保険の対象にはなりませんので、注意が必要です。
なお、稀に足場を立てずに安価に雪止め設置工事できますという業者もありますが、安全面と確実な施工という面から、あまりおすすめできません。

 

 

 

雪止めの種類について

雪止めは、主に以下の3つの種類があります。

雪止め金具 雪止めアングル 雪止めネット
雪止め金具 雪止めアングル 雪止めネット

 

 

簡単に説明すると、「雪止め金具」は、L字型の金物。「雪止めアングル」は細長いバー状の金物で、雪止めの効果は、雪止めアングルの方が雪止め金具より高くなります。また、豪雪地帯では、「雪止め瓦」が用いられることもあります。
雪止めの効果が最も高いのは広い面積で雪をとめることができる雪止めネットです。

 

 

雪止めネット全国シェアNo.1の「ゆきもちくん」

 

 豊富なラインナップ

「ゆきもちくん」は、主に屋根の先端に帯状に取り付けるネット状の金物です。メッシュ構造で屋根と雪の間に摩擦をつくり、落雪を強固に防ぎます。雪が滑りやすい屋根材用の「スーパーゆきもちくん」や、屋根の中段にも設置できる「スーパーリング」、より強力な三角ストッパー構造の「ゆきもちくんデルタ」など、目的に応じたラインナップとなっています。

 

スーパーゆきもちくん スーパーリング ゆきもちくん デルタ
スーパーゆきもちくん  スーパーリング ゆきもちくんデルタ

 

 

 全ての屋根材に対応

ゆきもちくんは、全ての屋根材に後付けできる製品です。日本瓦・洋瓦・カラーベスト・鋼板屋根、ほか凸凹のある屋根材にも、屋根のいかなる部分においても設置可能です。カラーバリエーションも豊富なため、屋根の色に合わせて目立たず外観を損ないません。

 

 

 全国シェアNo.1の品質

全国シェアno.1積もった雪がしっかりと食い込み動かなくなるよう、細かい網目で、かつ厚みのあるネットがゆきもちくんの特徴です。
ネットは高耐久の鉄製で、サビによる腐食に非常に強く、大気暴露試験では耐用年数81年というデータが出ています。
発売開始から20年の歴史の中で、落雪を食い止める性能を追求した結果辿り着いた20mm目の菱形金網は、日本国内で数社しか製造することができないそうです。また、品質を保つため、オーダーを受けてから製作する受注生産品となっています。
こうした企業努力と品質の高さで、日本での屋根雪止めネット(ひし形金網)において販売台数No.1 の実績ある製品ですので、安心してお使いいただけますね。

まとめ

自然災害には対策できない…そんなふうに諦めている方も、いまある屋根に後付けで対策することは可能です。なかでも、豪雪地帯に適した雪止め「ゆきもちくん」は、販売から20年の歴史の中で改良を重ねた、いわばパイオニア。ロングセラーの実績があり安心です。
近年は気候変動が激しく、いつ豪雪になって被害がでるかわかりません。被害が出てからでは大変です。そうなる前に、効果的な雪止めの設置について、いちどしっかり考えてみませんか。

 

 

オリバーではお客様の生活スタイルに合わせたリフォームのご提案をさせていただきます。

ゆきもちくん についてもっと具体的に相談したい!とお考えの方はこちらからどうぞ>>

おすすめ記事
外壁・屋根
2022年5月9日
天井が濡れていないのに床が水浸し!屋根だけが原因じゃない雨漏り調査!
住宅の雨漏りは、屋根の劣化や破損が原因と思っている人が多いのではないでしょうか。 しかし、雨漏りの原因は屋根だけではありません。 天井にシミがない...
続きを読む
外壁・屋根
2022年3月7日
木材保護塗料で色あせてしまった木部がよみがえる!
古く色あせた木部を綺麗にしたい場合、どんな塗料が良いのか種類が多すぎて選ぶのに困りますよね。 木部に塗料を塗る役割は、美観の向上と素材の保護、機能...
続きを読む
外壁・屋根
2021年10月20日
雨樋から水が溢れている!原因を調査して掃除・修理・交換で解決!
住宅における雨樋の役割が雨水を流す設備ということはご存知だと思います。 ですが、雨樋はただ雨水を流すというだけではなく、実は他にもとても重要な役割...
続きを読む
外壁・屋根
2021年9月20日
外壁塗装前の下地処理で仕上がりが左右される!塗装を長持ちさせるバイオ高圧洗浄!
皆様のお宅築何年ですか?外壁の色合いはどうですか? 新築当初はあんなにきれいだったのに、10年もすると色あせやコケが生え、くすんでしまってはいません...
続きを読む
採用情報 オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.