オリバーリフォーム大辞典

知っておきたいリフォームのポイントや
みなさまの暮らしに役立つ豆知識など、
リフォームをご検討の方に
役立つ情報をご紹介しています。

北陸(富山県・石川県)でカーポートを選ぶときの注意点とは?
その他
2021年9月22日
積雪量が多い北陸(富山県・石川県)で特に必要とされているカーポート。駐車場に屋根がある事で雨や雪、紫外線等から車が守られる為、メリットがたくさんあります。但し、設置するには工事が必要で安いお買い物でもない為、一度選らんでから将来的に交換されるケースは非常に稀です。そんな一生もののお買い物とも言えるカーポートですが、商品選びに失敗しない為にも、積雪の多い北陸ならではのポイントも併せてご理解いただき、事前に注意点を抑えておきましょう。

カーポート選びのポイント

①サイズ

まずは、皆様が計画されている車の駐車台数に応じたカーポートのサイズ(幅・奥行)の目安です。以下の寸法をご参考にしていただき、必要なサイズ選びを間違えないようご注意ください。
※2台の駐車を予定されている方は、縦・横それぞれのご計画に併せてご参照ください。

車の駐車台数別サイズ(幅・奥行)

カーポートのサイズは、柱を含んだサイズである事があり、車の車幅、全長以上のサイズを選ぶ事が必要です。

【1台】
幅:約2,400mm 奥行:約5,000mm

【1台+二輪車等】
幅:約2,400mm 奥行:約6,300mm〜7,700mm

【2台用(縦列)】
幅:約2,400mm 奥行:約10,000mm以上

【2台用(横列)
幅:約4,800mm 約奥行:5,000mm

1daiyou

▲1台用 YKK AP GポートNEO

 

2daiyou

▲2台用 三協アルミ G1 耐積雪150㎝

 

4daiyou

▲4台用 積雪150cm YKK AP Gポート タテ連棟セット

 

2daiplus

▲2台用+α 幅延長セットYKK AP GポートNEO

 

・車の車高別サイズ(高さ)
軽微な段差や傾斜により接触する事が想定される為、幅・奥行同様車高にも余裕をもったサイズを選ぶ事が必要です。

【車高<低〜中>】標準タイプ
高さ:約1,800mm

【車高<中〜高>】ロングタイプ
高さ:約2,500mm

【車高<高>】ハイロングタイプ
高さ:約2,800mm

※自動車サイズの目安
軽自動車 幅1.48m以下、奥行3.4m、高さ1.65m
小型乗用車(5ナンバー) 幅1.68m、奥行4.5m、高さ1.5m
普通乗用車(3ナンバー) 幅1.88m、奥行5.2m、高さ1.5m
ハイルーフ車 幅1.7m、奥行4.8m、高さ2.0m

 

②耐久性

上記より必要なカーポートのサイズはご認識されたかと思います。
カーポート選びにおいては、サイズに加えて更に重要なポイントが耐久性です。
記憶に新しい2020年から2021年にかけての豪雪により、富山県では最深積雪128cmを記録しました。
せっかく選んだカーポートが雪の重さに耐えらず壊れてしまったという事にならないよう、以下のポイントにご注意ください。

・積雪荷重、耐荷重(1㎡あたりに掛かる新設での積雪荷重)
カーポートの耐積雪荷重は、各地域の最大の積雪記録を目安に選ぶ事がポイントです。

【普通の積雪地域の耐雪強度】
約30cm〜50cm

【豪雪地域の耐雪強度】
約100cm〜200cm

・オススメ屋根材の種類
実際に使われている屋根材は、5種類程度ありますが、今回はその中からオススメの2種類の屋根材を紹介させていただきます。
それぞれの特徴から最適な屋根材選びにお役立てください。

【低〜中価格】
ポリカーボネート(プラスチックの一種)
○メリット 透明性高い・耐火性が高い・比較的価格が安い
○デメリット 耐薬品性が低い・高温多湿地域に向かない

【中〜高価格】
スチール折板
○メリット 耐久性が高い・耐重量性が高い・遮光性が高い
○デメリット 光が入らない・比較的価格が高い

 

③メーカー別商品

①、②のポイントよりカーポート本体及び屋根材の種類について、ご理解いただけたかと思います。
では、実際にどの商品を選べば良いのか、人気メーカーの商品をご覧いただきましょう。

・三協アルミ
カーポート販売数業界3位

【スカイリードZ】
屋根材:ポリカーボネート
耐積雪量:50cm〜150cm

【G−1】
屋根材:スチール折板(+ポリカーボネート)
耐積雪量:100cm〜200cm

・YKKAP
カーポート販売数業界2位

【エフルージュ】
屋根材:ポリカーボネート
耐積雪量:50cm〜150cm

【ジーポートneo】
屋根材:スチール折板(+ポリカーボネート)
耐積雪量:100cm、150cm、200cm

・LIXIL
カーポート販売数業界1位

【ソルディポート】
屋根材:ポリカーボネート
耐積雪量:50cm、100cm、150cm

【ウィンスリーポートⅡ】
屋根材:スチール折板(+ポリカーボネート)
耐積雪量:100cm〜200cm

※耐積雪量は、積雪地域向商品の抜粋です。
※各メーカー採光対策として、屋根材にスチール折板とポリカーボネートを併せた商品のご用意があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
カーポートはサイズから本体の耐久性、屋根の採光性まで幅広く選ぶポイントがあります。
それらを踏まえてデザイン、カラー、価格を比較しながら選んでいただく事をオススメします。
商品選びを迷った方は、最も多く選ばれているメーカーの代表的な商品をお選びいただいてはいかがでしょうか。

 

関連キーワード:
カーポート
おすすめ記事
その他
2021年10月22日
中古住宅を購入してリフォーム!失敗しないポイントとは?
新築住宅もいいけど、中古住宅を購入して自分好みの住まいにリフォームして住むのも魅力的ですよね。新築住宅にはないメリットがたくさんあります。しかし、...
続きを読む
その他
2021年10月15日
庇をつけて快適に!家の顔である玄関をグレードアップ!
庇は霧よけなどとも呼ばれ、和風の家に付いているものを想像する方も多いと思います。外観がシンプルな住宅が増え、庇を取り付けない家も多くなりました。庇...
続きを読む
その他
2021年9月6日
玄関の西日が気になる…どんな対策がオススメ?
夏場に西日が差し込み暑く感じることがあります。 しかし「西日対策はどのようにすればいいの?」「エアコンをかけていても暑く感じる」などと悩まれてる方...
続きを読む
その他
2021年8月30日
リフォームにも最適!タカショーのエバーアートボード
住宅のリフォームについて調べてみると、様々な情報があり、どれがおすすめなのかが分かりにくい場合がよく見られます。特に外部に使うパネル材などの様に、...
続きを読む
採用情報 オリバー公式facebookもチェック オリバー公式instagramもチェック

外壁HP 新築HP 不動産HP
Copyright© オリバー All Rights Reserved.